2012年10月20日

最少人数で・・・

ここ数年、団員数が減って来て、ステージをこなすにもかなり厳しくなってまいりました。自分的にも体力が落ち、1ステージ3曲はめっちゃしんどいっす(||´Д`)o。それでも下手なりに終わった後の達成感は格別です(^^ゞ もっともっと人が入ってくれる様がんばろうっと!独り言でした・・・
posted by nanatsumoritaiko at 20:13| 宮城 ☀| Comment(0) | 管理人BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

微力ながら・・・

 七つ森太鼓の宴会部長ことTK坊主です。現管理人のkote2さんをサポート?すべく、本サイトの更新に力を入れていきます。つきましては副管理人となりまして、ちょこちょこ登場して参りますので宜しくお願いします。

 高校生達も巣立ちなかなか練習にも顔を出せなくなってしまった今、現メンバーだけでどう凌いで行けるかっていうか、やって行かなくてはいけないんですが、少ないなりに対策は考えました。ま、実際やってみないとわかりませんが・・・(^_^;)

 練習のつもりで書いたので今日はこのへんで失礼します。(うまく載ってればいいのだが・・・)
posted by nanatsumoritaiko at 17:29| 宮城 ☀| Comment(2) | 管理人BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

江東区民祭り

 先日の日曜日、江東区の区民祭りを木場公園でやっているのを思い出し
天気もいいので、フラ〜と出掛けました。
 日頃の運動不足解消も兼ねて徒歩で出発!1時間ほど掛けお祭り会場に着いたんですが、
会場入り口付近でかすかに太鼓の音が・・・人混みをかき分け入っていくとテント前で女性5人ほどで太鼓の演奏をしてました。
”江戸水神太鼓”中太鼓・締太鼓・桶太鼓・笛、ロープを張っているだけの直置きのステージ演で、観客との距離もとっても近く、大勢の人混みですから「緊張すんだろうな〜」と思いながら見てましたよ。女性のみの演奏なので力強さには物足りなさがありましたがけど、笛に歌・桶太鼓での掛け合いなんかは、流石かな〜と思いますよ。短い時間でしたが楽しんできました。
あと、メインステージで読者モデルもやっている「平松美奈」、福島の被災地でも活動している「AERIAL」って方々も鑑賞。
 今回も、運動不足解消にはなりましたが、しっかりとカロリーは取ってきました・・・(-_-;)

posted by nanatsumoritaiko at 23:40| 宮城 ☀| Comment(0) | 管理人BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

お祭り

久ッしぶりのブログになりますか・・・<(_ _)>

8月7日 恒例の「まほろば祭り」での七ツ森太鼓のステージを”観て”きました。
今回は、観客サイド!メンバーには、悪いな〜と思いつつ、生ビールを飲みながら見てました。
みんな一生懸命の演奏で、良いステージだったと思いますが「三宅」の時のソロパートで
中々拍手がこなくて、いつもより長〜い演奏で、お疲れ様でしたね。
練習してない自分なんか、三宅は持たなそうだな・・・プルプル(-_-;)
ステージ後の慰労会も誘ってもらい、久しぶりの楽しい時間が過ごせました。
ありがとうございました。

9月18日 転勤先の東京 江東区大島でのお祭りで
和太鼓の競演があるという事で観に行って来ました。
参加団体は、「愛宕太鼓」「東大島お囃子会」「若竹太鼓」の3団体で、
各団体共、15人〜25人位の若い方々での編成でした。
若いだけあって躍動感あふれるステージでしたよ。
竹や獅子舞、音楽に合わせての演奏なんかもあって良い体験でした。
しっかし、愛宕太鼓さんなんか、30分間の持ち時間で10曲とは、曲数の少ない七ツ森太鼓としては羨ましいかもねぇ〜(^_^;)

愛宕太鼓:宴・巴・激と撃・祝・花火・祭・モダン・大東京音頭・きよしのズンドコ節・〆
東大島お囃子会:江戸囃子・屋台・昇殿・鎌倉・四丁目・上がり屋台・投げ合い(獅子舞)
若竹太鼓:三宅・さくら・祭り・ソーラン節・巴
posted by nanatsumoritaiko at 21:59| 宮城 ☁| Comment(0) | 管理人BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

節電も、ほどほどにね〜

節電も、ほどほどにしないと、大変な事になりますからね〜!
自分も一昨日までエアコン我慢してました・・・が、暑さ・寝不足の為
スイッチをON!いいね〜涼しいね〜。慎ましく使っていこうと思います。

7月9日(土)PM 2:00〜 東京都千代田区の紀尾井ホールにてクラシックのサマーコンサートに行ってきました。まぁ〜クラシックには無縁の自分ですが、会社の同僚の方に誘われ、本人も演奏するという事で聴いてきました、何より「無料」なんですよ!約2時間 10曲ほどでしたが、聴いたことのある曲がほとんどでしたから、飽きずに聴いてきました。観客の「1分間指揮者」のコーナーもあり楽しかったです(ちょっと、子供の声が騒がしかったですが・・・)。
是非、このような気楽な(当然、無料ッスけど・・・)コンサートが、またあるなら行きたいと思いまね。本当に「たまにはクラシック!」もいいもんです(^O^)
posted by nanatsumoritaiko at 22:51| 宮城 ☁| Comment(0) | 管理人BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

管理人〜反省・・・

七ッ森太鼓 東京出張所でございます。
今週あたりからまた日中は熱くなってきた東京でございますが
日が暮れますと少々微妙〜な体感温度です。
 世間一般では、クールビズなんて事がありますが、
上役が脱ぎゃなきゃ脱げんのです!
春秋モノで1年を通している自分にとっては辛〜い時期です。

先日、東日本大震災の件でコメントをいただきました
「末広太鼓さん」のブログ観させていただきました。

ちょっと、時間が無くて少ない時間でしたが
ブログも良く作られてるし動画のステージを観ても
「もっともっと自分ら頑張らなければ」と感じさせられます。

「管理人!毎晩、酒なんか飲まずにブログ更新しろ!」って
私自身も思いますが・・・ヤメらんな〜い。

ホント、末広太鼓のブログぅ〜ほぉ〜
http://suehiroturbo.blog.shinobi.jp/
posted by nanatsumoritaiko at 23:55| 宮城 ☀| Comment(3) | 管理人BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

チャリンコ行脚・・・

110521_130947.jpg 
本年度も2ヶ月がたちました。自分、仕事の関係で4月から七ッ森太鼓の本拠地である大和町を離れ東京生活です。震災で未だ落ち着かない状況の中での移動で少々心配でしたが、太鼓の練習も再開され、みんな頑張っている様ですね。

さて、自分週末は自転車で東京をウロウロしているんでが、昨日「湯島天満宮」に行った時に偶然「湯島 白梅太鼓」という団体が演奏するところに出くわしました。
代表っぽい人は男性でしたが、演奏する方々は全員女性で15人位でした。躍動感があったし声も出ていたし皆の表情が楽しそうで見てる方も楽しく見ることが出来ましたよ。
七ッ森太鼓には無いものが結構ありましたね〜何より、女性だけってチョット羨ましいっすね。
posted by nanatsumoritaiko at 00:30| 宮城 ☁| Comment(0) | 管理人BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

〜東日本大震災〜

このたびの大震災、皆さん大丈夫って言うか大変でしたよね・・・
自分も被害が大きい方の多賀城や仙台新港見て来ましたが
復旧は進んでいるのでしょうが、復興となると何とも言えないですね。
地域よっては、警察官が通行規制している所もありましたから
報道されているより深刻なんでしょう。。。

七ッ森太鼓も震災後の練習はお休みになっておりましたが
4/8より再開ということで「また頑張れ〜」でした。
posted by nanatsumoritaiko at 23:57| 宮城 ☀| Comment(0) | 管理人BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

太鼓の授業

2/18に県内にある大和中学校にて5〜6時限目を使い、太鼓の演奏と実際生徒に太鼓を体験してもらいました。
昨年中にPTAの方からの依頼で実現した話で自分達も初めての試みで上手くいくかどうか不安でしたが、七ッ森太鼓メンバーの高校生・小中学生が中心となり無事やり遂げる事ができました。
大和中学校の生徒達や先生達の反応も悪く無かったんじゃないかなぁ〜と思います。
自分も会社を早退して参加させていただきましたが、やって良かったとおもうよ(^^♪
特に生徒達に混じって先生方も一緒になって楽しそうに参加してくれたのが、とても印象的でした。

・・・「今日もちょうど練習もあるし、自分もやってみたくて見学来る人いるかなぁ〜」と思いましたが、その時間は「反省会」と言う名の「飲み会」に変わってしまいました〜^_^;
posted by nanatsumoritaiko at 01:37| 宮城 ☀| Comment(3) | 管理人BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

チョッと復活・・・

〜歯は大切にね!〜
抜歯してから調子崩しまして、やぁ〜長い体調不良でしたよぉ。
そのまま、風邪ひいちゃいまして1ヶ月以上グズグズ・ボーでした。
やっとこさ調子が戻ってきたんですが食欲不振だった事をいいことに
そのままダイエットに突入してまーす(^_^)v。

そんで、昨年の事ですが・・・あっ今年もよろしくお願いします。
で、ミュージカルの自分も出演したんですよ(^.^)
やっぱり、いつものステージと違った緊張感がありましたね〜
俺にしては、珍しく完璧な演奏だったね!?

ミュージカルに準々主役?で出演した太鼓メンバーの中〇君!お疲れでした。
うちらも出演者で待機中だったからあまり劇は見れませんでしたが
「緊張してるぞ」感を演出してのボー読み台詞、助演男優賞モノ!良かったすよ(^_^)







posted by nanatsumoritaiko at 23:54| 宮城 ☔| Comment(0) | 管理人BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

初・新管理人

前管理人の岡崎さん、時間あるときは、何時でも来て下さいね。
太鼓・BLOGと頑張っす!

さて、10月24日 農協祭りでのオープニング演奏がありました。
自分初のセンターでの演奏で少々緊張たねぇ〜^_^;
対面で叩いてた中〇くんのビーチクポロリのアクシデントがありましたが・・・無事終了?
出演時間が早かったせいか、人は少なかったです。

お祭りの方は、時間に伴い人が多くなって、結構な人数だったのではないでしょうか。
自分も和牛の試食を食べたんですが美味かったぁ〜
他にも色々ありましたが時間がなかったので、来年はゆっくりと見たいと思います。


posted by nanatsumoritaiko at 02:00| 宮城 ☁| Comment(0) | 管理人BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

良いお年を!

2006年もあと少しです。

今年も本当に有難うございました!

”七ツ森太鼓”今年もいろいろな方に助けられ、育てていただきました。

皆様に励まして頂き、応援していただきました。

時には厳しい意見もありました。

ひとつひとつ、無駄になることなく私たちの力になります。

本当に有難うございました!

そして良いお年を!





ラベル:和太鼓 太鼓
posted by nanatsumoritaiko at 21:47| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

第七回宮城県太鼓フェスティバル/第九回日本太鼓ジュニアコンクール宮城県大会観覧報告

第七回宮城県太鼓フェスティバル/第九回日本太鼓ジュニアコンクール宮城県大会を観てきた。

会場となった石巻市民会館は、ほぼ満席状態!

10時から16時までの長丁場だが、県内の和太鼓団体の日頃の練習の成果を見ることができ、大変有意義な時間を過ごした。

今回初めて見る団体もあったが、それぞれ地域性等環境も違うだろうが、創作和太鼓だけあり、個性的であり、新たな刺激も受けた。

あれだけのステージを見せる為には、相当の努力の積み重ねであったと思う。

優れた団体の演奏からは、個人の意思、自信、喜び、気合が見て取れる。

個人個人が独立したミュージシャンの域に達している。

だから、団体としてみたときのパワーは圧倒的だ。

普段は目立たない生徒或いは一社会人。

ところが、バチを手にするや否や、圧倒的存在感で見る人を魅了する。

格好良いじゃないか!

仮面ライダー世代である私は、こういった変身モノに弱い。

バチを握ると性格が変る人もきっといるに違いない。

ってか、バチを握るときくらい、普段の自分を忘れて発散して欲しいと思うのだ。

逆にいえば、撥を握っているときくらい、自分をさらけ出して欲しいのだ。

好きで太鼓をやっているのであればの話だが。。

上位の団体は明らかにそこが違う。

やらされているのか、やっているのか。

完全に自分のものにしている。

演奏する楽しみが伝わってくる。

まさに演奏家:Player

Player:直訳すると遊び人。

楽しくなければ始まらないのだ。

しかしながら演奏を楽しむ為には、それ相当の練習が必要になる。

自分のモノにするには、それなりの努力が必要なのだ。

もちろん曲や指導者の良し悪しもあるだろう。

しかし、そんなこと今更どう言ったって始まらない。

100%自分を生かしてくれる曲など、そうあるわけがない。

指導者だって100%教えられるものじゃない。

あとは本人の主体性なのだろう。

既存の曲でどう自分を生かすか。

どう気持ちよく発散するかを考えたほうがいい。

もちろん創作和太鼓なら、編曲も可能だろう。

そういった意見をどんどん出せばいいのだ。

生の演奏を聴くのも良い。

ワークショップに参加するのも良い。

本やDVDを見るのも良い。

特に生の演奏は気軽に勉強できる絶好の機会だと思う。

見れば見るほど細かいところにも気が付くようになる。

何より、ライバルの演奏なわけだから、刺激も受ける。

つい熱くなってしまったが、今回のフェスティバルは、それぞれの団体の演奏を聴きながらその背景に思いを寄せてみたりした。

ラベル:和太鼓 太鼓
posted by nanatsumoritaiko at 12:47| 宮城 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 管理人BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

和太鼓幻創十年記念公演『光の音』観覧報告

和太鼓幻創十年記念公演『光の音』日曜日の部を観てきた。
内容は、お2人の太鼓に対する純粋なまでの情熱を直に感じ取ることの出来る素晴らしい内容のものだった。
今まで拝見した幻想さんは”大太鼓”のイメージだったが、桶太鼓や宮太鼓を使った演奏も観ることが出来て、幅の広さを感じると共に、きっちりとした演奏スタイルにも好感が持てた。
サポートチームの協力もあり、後半はおおいに盛り上がった。
ゲストの利府太鼓も、これぞ創作和太鼓の手本とも言うべき非の付け所の無い演奏で、ただただ感心するばかりだった。
細かい動作ひとつひとつが、しっかり出来ている。
見習わなければならない点が多い。
ステージを見終わった後は、やはり反省!
この感動を七ツ森太鼓にどう生かすか!
七ツ森太鼓もあと4年で20周年になる。
是非、20周年記念公演なんてこともやってみたいと思ったりする。
もしやるなら、4年なんてすぐだよ。
ねえ、皆!やってみない?
ラベル:和太鼓 太鼓
posted by nanatsumoritaiko at 12:42| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

平成18年全国太鼓フェスティバル観覧報告

平成18年全国太鼓フェスティバルを観てきた。
最近、毎週のように太鼓のイベントを見続けてきたし、体調が風邪気味だったこともあり、いまひとつテンションが上がらないまま出かけたが、圧倒されたのは前半のトリを努めた”和太鼓御響”だ。
斬新な演出、怪しい摺り鉦、切れのある振り、圧倒的パワー、和太鼓のニューウェーブとでも言うのだろうか、衝撃的なステージだった。
さすが大学生主体の創作和太鼓団体だけあって、形に捕われない新しい太鼓の”カタチ”を見せてもらった。

その他、どの太鼓団体の演奏も素晴らしいものだったが、テンションが落ち気味だったせいか、それ程インパクトを受けることは無かった。

そうだ、テンションが上向かないもうひとつの原因は、冬季の太鼓の練習日の少なさだ。

12月から2月までの3ヶ月間、太鼓の練習日は月一回のみ!
これは、私にとってかなりダメージを受けた。
ホールの予約を取り忘れて、空が無い状態になってしまったのだ。
これじゃ、新しいことは何も出来ない。
それどころか、今のレベルを維持することも難しいだろう。

太鼓を観に行って、何かを感じ、それをバネにSTEP UPするという、理想的な流れを実現することが出来ない。

よって、防御作用が働き、心を閉ざした状態になってしまったのだろう、あれだけのステージを見ても、意外に何も感じない。

この冬を如何に有意義なものにするか。

練習が無いことを逆手にとって、何か出来ないものだろうか?

いろいろ考えてみよう。


posted by nanatsumoritaiko at 13:01| 宮城 ☀| 管理人BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

3D祭り 観覧報告

3D祭りに行ってきた。

”駒の会”はもとより、”閾””閃雷””花鳥風月”さらには”UZU”の演奏をひとまとめに見ることの出来、更にはゲストも多様で、かなり贅沢なものになるだろうということで、出掛けてみた。

駒の会のOPENINGで始まった”祭り”は、15時から20時半過ぎまで驚きの約5時間半!
まずはその人材の豊富さと、活気の良さに驚く。
特に若い衆の元気が良い。

よくぞここまで育て上げたものだと感心する。

”閾””閃雷””花鳥風月”の若手3バンドが中心となり、それぞれゲストミュージシャンとのセッション等も行われるステージだが、メンバーの中にはほとんど演奏しっぱなし状態の方もいる。

どのバンドも楽器構成は、機動力を生かした担ぎ桶スタイルがメインだ。
丁度、うちら七ツ森太鼓も桶太鼓を購入したばかりということもあり、曲構成、舞台構成は興味深く観ることが出来た。

各バンド共に、気合の入ったステージを展開し、充分見応えのあるものだった。
キャラクター的にも各々魅力的であり、とても良いものを見せてもらった感が強い。

さて、それはそれで、ここでまた反省というか、敏感なところに刺激を受けるとチクチク痛むものだ。
七ツ森太鼓としてはどうなの?と考えさせられたわけだが、まず若手を真剣に育てることを考える時が来ていると痛感した。

基礎をしっかりと、細かいところまでをきちんと教え込む。
そして太鼓を打つ楽しさを感じてもらえればと思うし、その為には人前で演奏する機会も与えてやらなければならない。

たぶん3Dのメンバーも普段は普通の人たちなのだろう。
それでもステージに立つと、プロ顔負けに輝く。

それは何故かを考えてみなければならない。




ラベル:和太鼓 太鼓
posted by nanatsumoritaiko at 12:55| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

MATSURIBANA 参加報告

えずこ天然音楽会vol.7  MATSURIBANA
藤本吉利 × 今福優  大太鼓響宴

に行って来た。

まずは金曜のワークショップ。
今福さんグループには、県内各地から20名程度の太鼓打ちが集まった。
2時間で1曲を仕上げ、成果を日曜日のステージで発表するというものだった。
曲は、今福さん作曲による”大地の詩”。
打ち手と太鼓の持つ"気”を発散させる躍動感のある曲だ。
軽い準備運動と基礎打ちの後に曲の練習が始まったわけだが、俺自身にもヘンな手癖がついていることに気がつく。
手癖を気にすると、リズムを忘れる。
リズムを気にすると、振りが小さくなる。
ついていくのがやっとだった。
さて、2時間後やはり曲をマスターすることが出来ず、帰路についた。
譜面を持ち帰っての自宅練習だ。
日曜日の午前中までで、なんとかリズムの暗唱が出来るようになり、通して打てるようになったが、油断すると記憶が飛ぶ。

そして日曜日"えずこ天然音楽会vol.7"が始まった。
総勢7名でのステージで、八丈、大太鼓、屋台ばやし等、おなじみの曲や踊りの構成だ。
今福さん、藤元さんについては、巨匠と呼ぶに相応しい確かなバチさばき、巨匠と言う名に甘んじることなく、全身全霊で精魂尽きるまで打ち込む大太鼓。
客席も盛り上がる。
技を少しでもモノにしようと意気込んで見たわけだが、圧倒されてそんなこと忘れてしまった。

さてワークショップの発表は、全体としてはまずまずの出来だったと思うが俺自身は散々だった。
最初のソロで見事に間違ってからは、もうしどろもどろ状態。
メンバーの皆に助けられた。
自己嫌悪に陥る。
この自己嫌悪こそが必要なんだ。
そこから始まるんだ。
と言い聞かせるが、テンション上がらず。

コンサート終了後、えずこホールスタッフ主催による”あとの祭り”が行われた。
スタッフ手作りのおにぎりや豚汁がふるまわれ、出演者の方々と身近に接することのできる粋なはからいだ。
憧れのアーチストと直接話す機会など今まで無かったものだから、嬉しかったし為になる話も聞けた。
他の太鼓団体の方々も、それぞれ問題を抱えてはいるけれど頑張っていらっしゃる!

まだまだ頑張らなきゃ!ということで、自己嫌悪も数時間で消え去り(アホ)帰り道は気分良く帰ることが出来た。

このような粋な催しを企画してくださった、えずこホールの皆様方には心から感謝したい。
ラベル:和太鼓 太鼓
posted by nanatsumoritaiko at 12:38| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

定禅寺ストリートジャズフェスティバルpart2

定禅寺ストリートジャズフェスティバルへ行って来た。

この祭りが来ると、いよいよ芸術の秋の幕開けといった感がある。

これから毎週のように県内外へ出向いては、太鼓の演奏会を聞くことになる。

しかしながら悲しい事に、演奏を心から楽しめないという事実。

クリエイターとして演奏を観てしまうのだ。

自分だったらこうする。とか、これはどうやってるんだ?とか

これは見習わないととか、ここは注意しようとか。。。

時に優越感を味わったり、時に挫折感に打ちのめされたり。。。

結局今日もそうだった。

だから

こういったお祭りは出るのが一番なのだ!

少なくても自分が演奏している間は、音楽に没頭できる。

それが結論だろうか?



それは別として、いいお祭りだと改めて感じた。

祭り当日、目的の場所にたどり着くことは至難の業だ。

途中で予想もしなかったBAND演奏に足を止め、

ついには、最後まで聞き入ってしまう。

お目当てのBANDのことはどうでも良くなるのだ。

去年も見たし、今年はいいや!なんてね。



でも、人の持つエネルギーは凄い。

普段は真面目に?特に目立ちもせず、地味に仕事をしていることだろう。

スーツや制服姿のあなたを見ても、まさか音楽で人を楽しませる特技があるとは想像も出来ない。

そんな人々が集まる。

聴き手だってそうだ。

特にこういったストリートでは、聴き手無しでは良い演奏は出来ない。

ミュージシャンは聴衆を楽しませ、聴衆はミュージシャンを楽しませる。

本当に粋な人の集まる祭りだと思う。

会場にいて、そう思った。
ラベル:和太鼓 太鼓
posted by nanatsumoritaiko at 00:35| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

定禅寺ストリートジャズフェスティバル

今週末の9/9(土)、9/10(日)と、定禅寺ストリートジャズフェスティバルが開かれる。

昼間中、駅前から西公園に掛けて音楽に溢れることになる。

Official Web Siteには開始時間の記載も出演バンドの紹介もない。

何も気にせずにふらりと来て楽しんで欲しいということなのだろう。

時間がある方は是非、足を運んで音楽を楽しんで頂きたい。

きっと贅沢な一日になることでしょう。

そしてきっと

音楽をやっている方ならば、出てみたいと思うでしょう。

そして音楽をやらない方でも、やれたらなと思うでしょう。

やらない

やります

やるとき

やれば

やろう!


ここで打楽器系バンドの演奏案内です。

9月10日
西公園旧図書館前

15:00〜15:40 アフリカンダンス&ドラムチームTERANGA
(私がお世話になっている由木尾さんの所属するTEAMです。)

15:50〜16:30 あふりかん太鼓チームぽれぽれ
(イチ押しのアフリカンバンドです。)

太鼓は打ち手の内面を引き出してくれる気がします。
特にジャンベはお手軽である分、その傾向が強い気がしています。
和太鼓には無い、ラフな魅力。
トラディッショナルなのに現代的かつ躍動的なリズム。
打ち手自信の内に秘める情熱が、ジャンベを通して噴出してる感じがします。
是非ご覧下さい。
posted by nanatsumoritaiko at 12:49| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

まほろば夏祭りを終えて

おかげさまで、無事まほろば夏祭りのステージを終えることが出来た。
このお祭りでの太鼓発表は、七ツ森太鼓としてひとつの目標になっており、今回は久々に新曲を発表すべく練習を重ねてきた。
メンバーの努力に感謝したい。
皆の意思がひとつにならなければ、この曲は出来なかった。
まだまだ、つめが甘いところも相当ありますが、それは近日中に改善するとして、まずは、お疲れ様でした!

来年の夏祭りにはまた、新曲もしくは新しい何かをご披露できるよう、頑張って行きたいと思います!

さて、まほろば祭りでの演奏にいらした方、おられましたら感想などをお寄せ頂ければ嬉しいです!

ラベル:和太鼓 太鼓
posted by nanatsumoritaiko at 12:42| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。