2006年03月08日

先週の練習は。。。

新しいスタイルの練習方法も、かなり定着してきたように思う。
ウォーミングアップできっちり15分。
アドリブの練習で15分。
それに加え、往来の曲の練習と新曲の練習!
素晴らしいと思う。

今後の課題は、練習内容を充実させなければと思う。
特に問題なのが、@ソロ(アドリブ)の練習方法と、A新曲の練習方法か。
@ソロ(アドリブ)
一般に和太鼓の場合のソロは、テクニックを見せつける場面でもあるが、そんなことはやろうとも思っていない。
まずは、心意気の表現を目指したい。
リズムにノル事。
そして、そのリズムから自分が何を感じるか。。。

問題は、手が出ない。
自分の番になると、緊張して固まる。

まずは、そこから始めよう。
来週は、手を出すことを目標に新メニューを試してみようと思う。
太鼓を打って楽しくなければ意味が無いのだ。

今までの、ガチガチに固まった太鼓への取り組み方をまずは変えたい。
テーマは、いかに気持ち良く打てるか?
気持ちよく打つ為にはどうすればよいか?

A新曲の練習は、曲を4分割し、来週は桶のソロまでをある程度まとめましょうか。
実際のところ、新曲は難しいのです。
何故なら難しく作ったから。
小太鼓、中太鼓、桶太鼓それぞれに、今現在マスターしていない課題が含まれているのです。
レベルアップする為の練習曲みたいな位置付けなのです。
だから苦戦するのはあたりまえだと思っています。
練習曲である為には、しっかりと打ち込まないといけません。
ただ、構成がわかりずらいところがあることも事実。
今までのように、このフレーズを4回やって3回やって。。。みたいな構成ではありません。
基本のリズムがあって、それに各パートのソロが入り、随所にキメの掛け合いもある。
まわりの音をしっかり聞く余裕がないと、流されてしまいます。
まわりの音を聞かない、聞けないという、以前からの課題を克服しないと難しいのです。

とにかく頑張りましょう。


タグ:和太鼓 太鼓
posted by nanatsumoritaiko at 12:54 | 宮城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 管理人BLOG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

和太鼓
Excerpt: 和太鼓和太鼓(わだいこ)は、打楽器のひとつ。日本の太鼓の総称。祭礼、歌舞伎、能、神社仏閣における儀式等に用いられ、木でできた胴に皮を張り、それを振動させて音を出すものである。撥で叩くものを太鼓と呼び、..
Weblog: 音楽を奏でる道具たち
Tracked: 2006-03-09 19:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。